2014-06

退院しました - 2014.06.22 Sun

ご挨拶が遅くなりましたが19日に無事退院しました

入院時、退院後もお見舞いのメール・LINEをいただきありがとうございます

おかげさまで 寂しい想いもせず入院生活が送れました

20日は気になっていたので仕事に出てみたものの

お腹に力が入らず歩くのは前かがみになるため 腰に負担がきて

いつも以上に疲れたものの どうにか仕事も出来たので無理しない程度に

日常生活に戻ろうと思っています


bolgを通じて入院を知りびっくりして連絡をくれた友達もいて 心配をかけたので

入院生活のことを綴りたいと思います

140622 

2週間の入院生活を送ったのは 6人部屋で

プライバシーのためカーテンで仕切られているので 同室者の様子もわからず

部屋の入口のドアは24時間開けてあるため 廊下側のベッドだった私はカーテンを

開けることも出来ず 窓から外の景色も見ることはないので

2週間まったく 外を見なかった生活

退院時は シャバに戻って来た~~と叫んだほど(笑)

術後2日目に 隣のベッドに痴呆のおばあちゃんが入院してきて

昼も夜も関係なく 大きな声で叫んだり亡くなったらしいおじいちゃんと話したり

突然声をあげられるので 3日目には1時間しか寝れず 

とうとう部屋を変えてもらい安眠を得たくらいで 問題もなく過ごせました


今回は 子宮筋腫の手術を受けたわけですが

昨年の手術の話が出た時から 子供を産む年齢を過ぎてること 筋腫が大きいことから

手術をする際は 子宮全摘になると言われていまして

やはり子供を産まないにしても 女性としてはなくなることには抵抗があるじゃないですか

これが悩む大きな要因になってたのですが

あまりに大きくなりすぎて こんなことも言ってられなくなり

執刀医の先生からも 筋腫だけでも取れるけど

手術の際、出血が多くなること 

また筋腫が出来たら筋腫が邪魔になって子宮ガンが発見しにくい

気にしていたホルモンのことも 卵巣は残るから今と変わらない

自分の家族だったら 全摘をすすめるという話を聞いて決心


手術は10日の9時からということで イトコが付き添ってくれて

看護師さんの案内で手術室へ ここでイトコにメガネを預けてお別れ

手術室の入口のイスには同じ時間スタートで手術を受ける患者さんが6人くらい座り

各自オペ担当の看護師さんの案内でオペ室へ

自ら台を上って手術台へあがり 

脊髄に術後の痛みを軽減する麻酔薬を入れるチューブをつける頃には

前日の夜にごはんを食べて以来 下剤を飲んでお腹も空っぽだったので

手術台の上で 「お腹空いた~~」と思っていたのは内緒の話

同室の先に手術を受けた方たちから 「麻酔の点滴入れたら終わってたから」と

聞いていたので ここまで来たらまな板の鯉でお任せ状態

前夜も思ってた以上によく寝れたし

そんなこんなで 麻酔の点滴入れられたらほんと終わってました(笑)

麻酔が覚めるまで3時間だったので 正味2時間程度だったのでしょうか

気が付いたら 病室のベッドの上で イトコによると

看護師さんに色々話しかけていたらしいけどまったく記憶なし

イトコの帰った後の13時過ぎに 妹と上司にメール入れたものの

手が麻酔で痺れていたため 上司へのメールが

「おわりました」が「おりました」になってたようで島根の方言なの?と言われたけど

かなり意識朦朧だったよう・・・

お臍の下3cmから縦に10cmほど開腹したんですが 

先生からはあまりの大きさに 引っ張り出したからと(笑)  

結局は左の卵巣が子宮にくっついていたということで

子宮と左卵巣を摘出

術後説明を受けたイトコには取り出した患部を写真に撮っておいてと頼んでたので

転送してもらったら確かに大きい! 何と2.3kgもあったそう

終わってみれば お腹もペッタンコになりかなりスッキリ!

これだったら もっと前にすればよかった


麻酔も効いてることもあって思った程の痛みもなく 翌日から点滴台はあるものの歩けるし

2日後には 点滴もすべて外してトイレに行こうと歩いたら

足に痺れがあったので 数メートール歩いたら膝からバタンと廊下に崩れ落ちびっくり@@

痺れで足の感覚がなくて 膝から崩れ落ちるという言葉をマジ体験

ちょうど居合わせた看護師さんに両脇をかかえられベッドまで運ばれたくらいで

他は順調 2日目に様子を見に来られたオペ担当の看護師さんから

ベッドに座ってテレビを見てたもんだから「ベッド間違えたかと思った」と驚かれたくらい

傷口が痛むくらいで 寝るにも限界があるので暇で暇で

文庫本は8冊 27年ぶりにノルウェイの森を読んだり

持ち込んだポータブルDVDで「主君の太陽」「清潭洞アリス」

年末年始旅行の機内で途中寝たため最後までみれなかった

スヒョンくんのスパイ映画観たり ジフ友さんがお見舞いに来てくれて

140622 

差し入れの杏仁豆腐食べながら 制作報告会のジフン話など3時間のジフントーク

おかげさまで楽しい時間も過ごせて

なんと島根からは妹家族が連絡なしに突然やって来て超びっくり@@

弱ってはないけど 入院したら妹の幻が見えるのか!と思った突然の登場

大阪まで辿りつけるかわからなかったから連絡しないで来たと言ってたけど

島根からはバスでも2回休憩ありで 普通で6時間なのに

朝7時に家を出て 夕方の5時に病院到着なので何をしてたか不思議ですが

 かなり心配してくれてたようで わざわざ遠方から来てくれたことに感謝です

140622 

だんだん大阪に近くなるほど都会の景色になるのに興奮したようで

DSで写真撮りまくってたらしい姪

帰りは大阪城の写真を撮ったそう

ワンコまで連れて来て車の中でお留守番させていたので1時間で帰ってしまったけど

かなり癒されました

イトコも2日に一度洗濯物も持って来てくれたり リクエストのプリンを買って来てくれたりと

家族に支えられほんと感謝しています



ここから折りたたみます



Read More »

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

yuru0516

Author:yuru0516
チュ・ジフンペンを通り越しチュ・ジフンマニアの「yuru」が日本の片隅から漢江に向かって一方的に愛を叫んでいます!!
いつか受け取ってぇ~~Jihoon♡

Greeting

はじめまして

お立ち寄りいただきありがとうございます!
当blogはジフンを中心にまわっている「yuru」がマニアックにだらだらとジフンを語っています♡
たまに他のイケメンに心奪われることもありなのはお許しを。。
ジフンの情報発信というよりはただ一方的に想いを叫んでいるだけの日記です
週一程度のゆる~い更新ですがそれでもよければお付き合いください♪

Jihoon Time

Seoul Birthday Party

Osaka Dinner Party

Yokohama Fanmeeting

Seoul Fanmeeting

Category

Ju Jihoon (110)
阿修羅 (18)
ファンサ感激!阿修羅の旅 (11)
仮面 (5)
姦臣 (3)
良い友達 (5)
Medical Top Team (12)
結婚前夜 (1)
五本の指 (5)
私は王である (8)
Doctor Zhivago (1)
Sailing for life (8)
Don Juan (5)
Kitchen (5)
Antique (3)
Jihun's Location (114)
ファン感謝DAY!ツアー (4)
ジフンご機嫌・姦臣の旅 (17)
良い友達の旅 (12)
32歳ジフンセンイルの旅 (9)
結婚前夜の旅 (2)
MTT最終回ツアーの旅 (2)
Jihun's Friends (6)
Jihun's Event (15)
ジフンオフ会 (6)
Gang Dongwon (16)
Lee Minki (2)
Kim Jaewook (8)
Smap (2)
Travel (129)
イトコとのソウル旅 (5)
イトコとのスペイン旅 (32)
自転車でめぐる秋のパリ (29)
秋のソウル 古宮めぐりの旅 (1)
初のソウルひとり旅 (12)
香港&マカオ パワー注入ひとり旅 (4)
食い倒れソウルひとり旅 (3)
全州・統営へクラス旅行 (3)
冬のロンドンひとり旅 (11)
Diary (61)
Actor (3)
未分類 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Seoul Weather

Link

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる